MENU

【恋愛できない男は欠落?】特徴や感情/難病が理由?

  • URLをコピーしました!
目次

【恋愛できない男 欠落】理由

恋愛できない男性は、積極性やコミュニケーション能力が欠落している可能性があります。
例えば、自分の興味がある話しかできなかったり、相手が話題を提供してきた際にうまい返しができず、「うん」や「そうなんだ」などという返答しかできないなどといったことがあります。

理由はさまざまなものがありますが、幼少期から学生時代、社会人に至るまで、なんらかの理由で人と関わり合う機会が少なかったため、どう振る舞ったらよいか分からないなどといったことがあります。

また、人間関係を築こうとしたものの、コミュニケーション能力の低さから周りに馴染めず、孤立してしまったり、いじめられたりしたトラウマから人間関係に消極的になっていることもあり得ます。

【恋愛できない男 欠落】特徴

恋愛できない男性の盗聴としてまず挙げられるのが、自我が強すぎるといったことがあります。
自分の世界をしっかりと持っており、こだわりも強いので、恋愛して女性を探し求めるなどということをするよりも、自分ひとりの時間を大切にしたいと考えるので、出会いの場に出向くこともなく、女性と出会うきっかけも自ずと遠のいていくのです。

そして、単調な生活を好んでおり、今以上の変化を求めないといった可能性もあります。
多くの人は、仕事と家の往復だけの生活だけでは飽きてしまい、何か刺激が欲しいと感じるものですが、そのような毎日のルーティンが崩れて、恋愛というプラスアルファが加わることを嫌がる場合もあります。
その場合、相手を求めてもいないし、そもそも恋愛という言葉すら頭にないこともあり得ます。

【恋愛できない男 欠落】感情

誰かと共に感情を共有するなどといったことが欠落している場合があります。
一般的には、「美味しいものを好きな人と一緒に食べたい」と思ったり、「日常の一コマを一緒に共有して笑ったり泣いたりしたい」「一緒に映画を観て感想を伝え合える人が欲しい」などと思うものですが、そういった感情を抱くことがなく、自分は自分の世界の範囲の中で楽しみたいと考えているため、かえって他人に中に入られることを嫌がるのです。

他人への共感性や、物事を嬉しい、楽しい、悲しい、悔しいなどと感じる力が欠落している場合もあります。
感情の動きが鈍いため、一般には感じることに気づくことができず、それを本人も何がおかしいのか気づいていない可能性もあります。

【恋愛できない男 欠落】難病?

恋愛できない男性に欠落しているものは治療不可能な難病なのか?

難病だとは一概には言えません。
本人が恋愛をして恋人を作ることを求めているのか、そうではなく一人の世界を楽しみたいと思っているのかなどということでも違ってきます。

多くの人が結婚について考え始める20代後半から30代くらいに、まだ恋愛や結婚に関して考えられていないなどといった可能性もあります。良くいうと、世間の同調圧力に飲まれないなどといったようにも捉えることができます。

コミュニケーション能力や共感力が足りなくて恋愛に至らない場合は、病気というより、性質に近いものである可能性があります。

性格を完全に治すことはできませんが、コミュニケーションや言動に関して気をつけるべきことを掴んだ上で意識することで、改善される場合も多々あります。

【恋愛できない男 欠落】まとめ

まず、恋愛に繋げていくためには、相手の女性に「自分を好きになってもらうこと」が必要です。
例えば、何日もお風呂に入っていない状態だったり、髭がボーボーだったり、口臭や体臭のケアができていないようでは、誰も見向きもしてくれません。

また、自分が興味のある話ばかりを一方的に続けたり、あまりにも相手の感情を汲まない行動をしてしまっても然りです。
自分が普段している行動を客観的に見て、うまくないと思うことは直してみることがおすすめです。

すぐに改善するのは難しいですが、徐々に恋愛のネックになっていた部分が目立たなくなり、可能性が広がります。
そして、自分から積極的に外に出向いてみることで、恋愛に関心がなかったとしても、コロリと価値観が変わる場合もあります。

ステキな恋愛を求めるのであれば、まずは自分自身と向き合い、外に目を向けることがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる